イメージ画像

中古車買取り業者にクルマを売る

車のある風景

古くなったクルマを乗り換えするときは、ディーラーに下取りに出していましたが、今一つ満足できる価格で売ることが出来なかったので、中古車買取り業者へ売った時の事です。
まずはホームページからオンライン査定を依頼したのですが、1社だけの査定では高いのか低いのかよく分かりませんでした。

そこで2社、3社とオンライン査定を依頼して査定を比較してみると、中古車買取り業者によってかなり査定にばらつきがあるのですね。
一番低い所と一番高い所では10万円近くも違っていたので、もちろん一番高い所に売ることに決めました。

オンライン査定はクルマの状態をチェックしていない、あくまで参考の査定ですので実際に売れる価格は出張査定後に知ることができます。
大事に乗ってきたクルマですので、オンライン査定と出張査定ではほとんど差がありませんでした。

これなら売りたいとお伝えすると、クルマは引取りされすぐに現金が振り込まれました。
クルマを持込みする手間もなく簡単に売れるのが良いですね。

手間なくクルマを売るならこういうところを見るべきです。

中古自動車を買うなら走行距離が少ない車にする

中古の自動車を買ってみて、本当にお得だったなと思います。
もう1台の軽自動車が必要になり、色々な方法で車を探しました。

ネットの大手の中古車販売が目にとまり、そこで買いました。
昔、その車が欲しくて、買おうとしていましたが、100万円以上もして買う事ができませんでした。

その車が、今では、8万円ほどで買えるのでした。
諸経費を含めても、25万円ほどです。

すぐに買いました。
その車にした理由は、走行距離が少ないからでした。

やっぱり、走行距離が少ない方が、より安心して乗る事ができます。
それに、気持ち良く、新車に近いような気分で乗る事ができます。

その車にして正解でした。
ぜんぜん、壊れないのです。

走りもスムーズで、とても軽快に走ります。
酷い山道も、スイスイです。

やっぱり中古自動車を買うなら、走行距離が少ない方が無難です。
とても乗りやすく、大変重宝しました。

中古自動車も悪くないなあと思っています。
今度買うなら、やっぱり中古かな。

・大切なのは収入に見合った車に乗る事

大切なのは収入に見合った車に乗る事
私が主人と知り合った頃、主人の車はスポーツタイプで燃費の悪い物でした。
しかも毎月の車のローンが高額で、『これでは生活していくのが困難だ』と感じた私は本当に結婚をやめようかと悩みました。
しかし、私の気持ちを伝えると主人はあっさり車を売って、燃費が良くて経済的な車に乗り換えてくれました。
その気持ちが嬉しくて、私は主人と結婚しました。
前の車を買った時の主人の気持ちを聞いてみた所、「仕事が忙しくてそれでも頑張っていたから、自分へのご褒美として買った」とのことでした。
確かに月に80時間ぐらい残業して、実家に暮らしていたら購入して維持できる金額だったかも知れないですが、結婚して家庭を持つ人が乗る車ではないと主人も実感したようでした。
やっぱり男性の車選びで大切なのは、自分の収入と将来設計に合った物を選ぶことだと私は思いました。
ちなみに現在の主人の車はスイフトです。
よく、男性が乗っている車を見ると女性の好みが分かると言いますが、案外当たっていると感じます。
なぜなら主人の妻である私は身長153センチと小柄で、節約好きだからです。
次回の車選びの際に、全く違ったタイプの車を主人が選んだら、好みのタイプの女性が変わったと言う事なのでしょうか。
ちょっとどのような車を選ぶことになるのか、楽しみです。

2014年9月29日

このページの先頭へ